fc2ブログ

2023年 FXのはじめ方その21 何故、トレンドフォローなのか?

Four Line
何故、トレンドフォローなのか?

2023年 FXのはじめ方その21 何故、トレンドフォローなのか?


最初から「まだ読んでいません」という方は以下のリンクよりどうぞ。

http://fxschoolfl.blog.fc2.com/blog-category-12.html

今回は ” トレンドフォローをしないといけないのか? ”


相場では「トレンドフォローが基本である」とよく言われます。

押し目(御湿-オシメ)が取れたら一人前というくらいに、初心者トレーダー(赤ちゃん)から卒業するのには、これが出来ないといけないよというイメージをしてください。

フォローは基本中の基本であり、知らない、学ばない、出来ないではトレーダーにはなれません。

それでは、その理由はとは何でしょうか?

書物に書いてあるから。著名なトレーダーが言っていたからではいけません。
その言葉の意味を理解することが重要です。


トレンド

トレンドが発生している状態とは、どのような状態でしょう?

上昇トレンドとは、直近の安値を切り下げず、直近の高値を切り上げている状態。
下降トレンドとは、直近の高値を切り上げず、直近の安値を切り下げている状態。


上述の通り、トレンドが発生すると、ある一定の期間、その状態が続きます。
これは実際にチャートを見れば分かる通りで、その様な状態は多く見られます。

2023_6_16_fig2.jpg

上は2023年6月14日 17:50分ごろのEURJPY 4Hチャートになります。

トレンドが発生すると、一定期間はその方向に動いています。
「トレンドは継続する」というのがチャートからも確認できます。


更に単純化して考えてみましょう。

上 100pips 下 50pips で下降トレンドは作れるか?

問題1

上向き100pipsと下向き50pipsの矢印が各10本あります。
これを交互に使用して、下降トレンドを作ってください。





どうでしょうか?
下降トレンドは作れましたか?

結果は勿論、無理です。
下降トレンドは作れません。

100pips上げて50pips下げるのですから、必ず+50pips分上げてしまいます。

上昇トレンド中というのは、この状態になっているのです。


問題2

それでは、その状況下でポジションを持つなら、どちらが有利になるでしょう?



伸びる方向は買いの方向なので、答えは買いです。

次にトレンドは継続するというのがありますので、保有期間が長いと利益はどんどん伸びる方向にあります。

これからも分かる通りですが、逆張りを行い、損切りが遅れると(保有期間が長い)マイナスが膨れ上がります。

また、戻り(逆張り)の期間は短くなります。
実際にチャートを見れは、これも分かる通りです。

上昇トレンド中は上げが強く、長い期間継続する。
逆張りは短い期間しか継続せず、利益は伸ばせない。


よって、トレンドフォローが推奨されるのです。

トレンドフォローであれば、多少、エントリーポイントを間違ってもどうにかなる事が多いです。
また、数値も出し易く簡単。

実際にどういったポイントで入ればいいのかは、6/20日の無料セミナーに参加頂ければ詳しくレクチャーします。

セミナー参加ご希望の方は以下のURLよりご応募ください。

http://fxschoolfl.blog.fc2.com/blog-entry-987.html


トレードスクールは7月1日(土曜)よりスタート!
※ 申込み期限 6月25日

※定刻外や他の日時でも受講できる場合もございます。
 その場合はメール、お電話にてご連絡ください。出来る限り対応致します。

2023年度より対面講義を再開します。
7/1日は東京(神田)を予定しております。

※通常とは別に、特別枠として午前中2名様まで限定で講義を行います。
※お申込みの際に「午前中枠」とご入力ください。

※クレジットカードが使えるようになりました。
 クレジット会社の分割決済を使えば毎月楽なお支払いも可能。

トレードの基本を学べばローソク足だけでトレードができます。
基本を確実に理解すればトレードは難しくありません。
インジケーターは一切使わないトレードを学んでください。

お申込みは以下のリンクより

フォアライントレードスクール

本気で勝ちたい方! お待ちしております。

ご評価頂けましたらクリックお願いします^ ^
為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。