fc2ブログ

三角保ち合いについて その4 <ご質問>

Four Line
三角保ち合いのエントリー

本日も引き続きご質問のお答えです。

三角保ち合いのエントリーについて。

多くの場合、三角保ち合いのエントリーに用いられるのは「トレンドライン」です。
※トレンドラインについては、今後、記事にする予定ですので今回は詳しくは説明しません。

そのトレンドラインの「抜け」をエントリータイミングとする場合があります。
しかし、その場合のリスクを理解した上で行う必要があります。

下の画像をご覧ください。
三角保ち合いのエントリー

トレンドラインを抜けた時点でエントリーする場合、本当にそのまま陰線で抜け切れるかは不明です。

例えば15分足ならば、最初から5分経過でラインを抜けてきた。
次、10分経過後もそのまま下落が継続している。
最後の5分で反転してきて、15分足が確定すると、終値ベースではトレンドラインより上で確定。
長めの下ヒゲだった。
または、陽線になってしまっている等もあり得ます。


これはトレンドラインだけでなく、水平線、ボリンジャーバンドでもあります。
よくあるのは、ボリンジャーバンド3σタッチで売ったら、そのままの勢いで上方ブレイクしていったなど。

エントリー全般に言えるのは、足が確定するまでエントリーは控える
抜けが確定するまで待つことです。

次に、確定まで待ったとしても、これは注意した方がいいというものです。
エントリー位置を考える

画像のように、高値から随分と下に下がってからエントリータイミングが来る場合があります。

そうなると、ブレイク失敗となった場合、損切りが大きくなる事が多くなります。
それを避けるには、その下落の波は捨て、次の波を待つのです。

場合によっては、急落、急騰がチャートより読めるのであれば、ある程度のリスクを取ったエントリーも有りです。

次回は三角保ち合いの損切りについて。



2020年フォアラインFXトレードスクール受講受付中!!

トレードの基本を学べばローソク足だけでトレードができます。
基本を確実に理解すればトレードは難しくない。
インジケーターは一切使わないので簡単です。

エキスパートクラス:2月1日(土)東京

フォアライントレードスクール

本気で勝ちたい方!
お待ちしております。


ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。