fc2ブログ

三角保ち合いについて その3 <ご質問>

Four Line
本日の記事もご質問の続きです。

三角保ち合い 押し目位置での使い方

短期足だけであったり、単一の時間足だけでは切り分けは困難です。
必ず位置関係があるという認識を持ってください。

三角保ち合い 押し目位置

②でのエントリーは4時間順張りの位置となりますので、基本はロング、買い優先にエントリーを考えるべきポイントです。
上位足の押し目という環境ですので、三角保ち合いの安値切上げというのは
4時間の買いが入った為に安値を切り上げていると考えられますね。

以下は逆に売る場合です。
三角保ち合い 押し目位置 続落パターン

この場合のトレードは、押し目が更に深くなる。
次の押し目までの下落を狙ったトレードです。

気を付けて頂くのは、次の押し目までの値幅です。
次までの値幅があるのであればいいのですが、浅い場合もあります。
そうした場合、急激な上昇を伴う可能性があるので注意しておいてください。


前回の記事にコメント頂いております。

>やはりその位置で発生する値動きにどういった意味があるのか?なぜか?ということを考えないといけないのですね。

トレードは仰る通りに、意味を考える必要があります。
著名人がこう言っていたから、書籍に書いてありましたではトレードは上達しません。
考えるには、基礎的な力が必須ですので、確実に学んでください。

次回は、三角保ち合いのエントリーと損切りの考え方について書いていきます。



2020年初回フォアラインFXトレードスクール受講受付中!!

2020年度、最初のスクールです!。
ローソク足だけでトレードができる。
基本を確実に理解すればトレードは難しくない。

エキスパートクラス:25日(土)大阪、2月1日(土)東京
デイトレ・スイングクラス:23日(木)

フォアライントレードスクール

本気で勝ちたい方!
お待ちしております。


ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。