fc2ブログ

青信号は危険?

Four Line
青信号は危険がいっぱい

皆さんは、青信号赤信号だと、どちらが危険だと思いますか?


多くの方は赤信号の方が危険だとイメージしているのではないでしょうか。

しかし、赤信号が点灯している時というのは、人も車も止まっている状態です。
逆に青信号の時は人も車も動いている状態

動いているから事故が発生します。
止まっていれば基本的には安全なのです。(赤信号で進入すると当然事故になりますが)

トレードも同じです。

赤信号というのはトレードでは、まだ勝ててない状態。

なんで勝てないんだろう。
どうやったら勝てるようになるかな?
色々と模索している段階。

この時というのは、取引枚数は少な目になる事が多く、最近では千通貨~1万通貨までで取引を行う方が増えている感じです。

これだあれば、大きく負けるというのは少なく。
壊滅的なダメージは、まず負わないでしょう。


ここからがメイン。

ある程度やっていると、勝てる時期がやってくる場合があります。

信号がからへ・・・

どうなると思いますか?


取引枚数が増えるのです。

車でいえば、アクセルを踏み込みスピードが出ている状態ですね。

それでも事故を起こす事もなく、結果は良好。
そうなるとどうなるか?

もっとアクセルを踏み込みます。


ロット数が千通貨から1万通貨、10万通貨、50万通貨と増加の一途を辿る。


そこで事故が発生するのです。
交通事故と違い、トレードではそこそこの確率で事故が発生します。
その際にロット数が大きいと、損失もその分、大きくなります

千通貨で10pipsなら100円
1万通貨で千円
10万通貨で1万円
50万通貨で5万円


ロットを無計画に上げる危険性

上図では極端な例を上げて説明します。

1万通貨で取引を行っていたトレーダーがいます。

10回のトレードで合計100pips、1万円の利益を上げました。

よ~し。調子がいいぞ~
ロットを1万通貨から5万通貨に上げよう!
これで利益もいっきに5倍!!

あれ??

損切・・・5千円の損失だ。
折角、1万通貨で頑張って1万円の利益を上げたのに1発で半分も持っていかれた・・・
次は絶対に負けられない。
逆に勝てばいっきに取り戻せるだろう。

・・・・損切り

たった2回負けただけなのに利益が全部消し飛んだ・・・
取り返さねば・・・


こんな経験された方は多いと思います。
私もその仲間です。(苦笑

ロットを増やすには、やはりある程度の期間が必要です。
そして、計画的に増やさねばなりません

この辺りの記事は後日書きます。

本日は青信号は危険ですよ。
闇雲にアクセルを踏むと事故を起こした場合に大きな事故に繋がるので注意してくださいというものでした。
皆さん、お気を付けください。




波だけでトレードがしたい。
基礎を徹底的に学びたい。
本気で勝ちたいという方は是非。


エキスパートクラス:8月10日(土)大阪・8月17日(土)東京
デイトレ・スイングクラス:8月14日(水)

お申込みは以下のリンクより
フォアライントレードスクール

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。