fc2ブログ

デモトレードを始めよう その3

Four Line
手法を書き出そう


本日の記事は手法を書き出す方法です。


大まかに項目を分けて書き出す

最初は大まかに項目を分けましょう。

① エントリールール

② 利確ルール

③ 決済、損切りルール

④ 資金管理ルール


⑤ その他


実際のチャート画面を使ってマニュアル化すると分かり易くなります。

実際のチャートを使った説明を入れる

この様に記すれば、エントリー、利確、損切りまで一つで済みますね。

更に細かいルールは個別に書き出せばいいです。

例えば、エントリールールにR倍数が1以下の場合はエントリーしない。
決済ルールに1.5R以上利益が出た場合、戻りで1Rで利確を行う等。

資金管理ルールの例としては、最初の3ヶ月は千通貨でトレードを行う。
3ヶ月トータルでプラス収益になった場合は3千通貨にポジションを増やす。

資金の15%が減った時点でトレードをストップし、手法の見直しを行う。

実際にトレードを行うには様々なルールが必要です。

初心者の方はまず、テスターでのトレードを行いながら手法を追加したり、修正を行うのがいいです。
テスター時にこれはどうしようかな? という事が無くなるまで繰り返しテスターで作り込んでください。
まずはテスターで200トレードほどやってみてください。

可能な限り詳しく書き、最終的には他の人がそれを見てトレードが出来るレベルにまで仕上げましょう。

それが出来たらようやくデモトレードの開始です。

次回はデモトレードの注意点について。


2019年度のFXスクールの募集を開始しました。

2019年第1回
2019年1月19日(土)~ エキスパートクラス
2019年1月17日(木)~ デイトレ、スイングクラス

お申込みはこちらより


ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。