fc2ブログ

損切りは絶対に

Four Line
損切りとは

本日の記事は損切りについて。

損切りとは、ある一定の損失が出た場合に決済を行い損失を決定することです。

なるべくならやりたくない行動ですね。
しかし、勝率が100%でない限りはそれは無理です。


損切りの基本的なルールは手法により様々。
弊社の基本ルールでは直近の高値、安値になります。(他にも損切りルールはあります)

手法というのは上述した通り、勝率は100%ではありません。

100%でないという事は全ての手法は必ず機能しなくなる場面が存在します。
その場合に損切りで対応するという事です。
手法は損切りがあるから有効に機能し、バランスを取っているのです。



多くの方は最初損切りをしっかりと行う事が多く、問題がないように思えます。
しかし、トレードを続ける内に損切りを遅らせたり、ナンピン、両建て、塩漬けをやってしまいます。

そうなると、上述した通り手法が上手く機能しなくなり大きな損失を被ります。
youtube等の動画サイトで「FX 大損」等で検索すれば、損切りを行わなかったらどうなるのか
多数の事例が確認できるかと思います。

プロスペクト理論の記事でも書いた通りですが

最初の1万円の損失は痛いと感じます。
その損失が膨らんで50万円になり、更に5万円の損失が増えても「あ~~5万円か~」となるもの。

損切りしないと大きな損失を被ります

また、含み損が許容範囲を超えると、怖くて損切りができなくなったり、
非常に大きな心的ストレスが掛かりますので、テクニカル的な判断もできないでしょう。
良い事は一切ありません。


発注と同時に逆指値を必ず入れてください。
そして、絶対にそれを変更してはいけません。

損切りを続けると資金が減り続けて負けるという場合は、テクニカルに問題があるはずです。
その問題解決しましょう。

2019年度のFXスクールの募集を開始しました。

2019年第1回
2019年1月19日(土)~ エキスパートクラス
2019年1月17日(木)~ デイトレ、スイングクラス

お申込みはこちらより


ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。