fc2ブログ

リスクリターンとは?

Four Line
リスクリターンとは?

本日の記事はリスクリターンについて。

リスクリターンとは?

いくらの損失に対していくらの利益が見込めるかです。


例えば、私がサイコロの丁半勝負をあなたに持ち掛けたとします。

この勝負にあなたは挑みますか?


この勝負はやりますか?
たぶん、ここであなたは次の質問をすると思います。

掛け金はいくら?
勝ったらいくらもらえるの?
負けたらいくら払わないといけないの?


それで納得のいく内容であれば挑戦するでしょう。

しかし、ここで私が以下の答えを返したらどうでしょうか?

掛け金は千円です。
勝ったらいくらかはもらえますが、明確な金額は提示できません。
負けた場合も同じく、明確な金額は提示できませんが支払って頂きます。


やりますか?
やりませんか?

多くの方は、そんな勝負は挑戦しませんね。


ですが、トレードになると多くの方は果敢に挑戦するのです。

例えば以下のルールでトレードしてみましょう。

利確での利益は? 損失は?

ボリンジャーバンドミドルが下向き
ミドルバンドに戻り、タッチ後にローソク足が陰線になったらエントリー

利確
-3σタッチ

決済、利確
ミドルバンドより上でローソク足が確定



さて、ここで質問があります。

利確は-3σタッチ、決済はミドルバンドより上でローソク足が確定とありますが

利確で何pipsもらますか?
決済した場合、何pipsの損失or利益があるのでしょうか?


分かりませんね。
これは上述した

リスクリターンが不明


>勝ったらいくらかはもらえますが、明確な金額は提示できません。
>負けた場合も同じく、明確な金額は提示できませんが支払って頂きます


と同じです。

この様に先にリスクリターンが不明なトレードを行い
結果を見てプロフィットファクターやR倍数がいくらでしたというのは非常に危険なのです。

※プロフィットファクター(PF)とは

プロフィットファクター = 利益÷損失
1万円の利益 ÷ 損失5千円 = 2

R倍数も計算式は同じです。


1以下であると、トレードを続ければ資金は目減りしていくだけです。
逆に1以上であれば、トレード数の増加に伴い資金は増加していきます。



よくあるのが、過去検証だとPFは1.3くらいあったのにリアルで運用すると1以下になってしまったというものです。

投機、投資というのは先にリスクリターンが分かった上でやるのが基本です。

水平線を使ったトレードは先にリスクリターンが分かっていますので、リスクの低いトレードが可能となります。

本年度のFXスクールの募集は終了しております。
来年2019年度の募集は1月中旬ごろを予定しております。
詳細は近々発表致しますのでお待ちください。


ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。