fc2ブログ

損小利大、プロスペクト理論とは? その1

Four Line
損小利大とは?

今回の記事は損小利大プロスペクト理論について。

損小利大とは?

損失より利益の方が大きいことを言います。

簡単ですね。


しかし、実際のトレードになるとこれを実践するのは色々な意味で難しい。

損小利大のトレードと人の行動は乖離が大きいのです。

それはどういうことか?


皆さんはプロスペクト理論というのをご存知でしょうか?

不確実性下における意思決定モデルの一つと説明されています。

なんのこっちゃですね(笑


相場でのトレーダーの状態を例に簡単に説明します。

不確実性下というのは、自分の意思で決定できない相場(不確実)に参加しているトレーダーの気持ち、心理状態のことです。
その心理状態で、初心者トレーダーが採る行動パターンです。

ここで有名な実験を紹介します。


次の選択肢AかBをどちらか選んでくだい。

質問1

A:100万円が無条件で貰える。
B:コイントスを行い、表が出たら200万円を貰えるが、裏の場合は何も貰えない。

質問2 
あなたは現在FXで200万円の損失が発生しているポジションを保有しています。

A:無条件で損失を100万円減額されて、100万円の損失を保有する。
B:コイントスを行い、表が出たら200万円の損失を全額免除されるが、裏が出たら損失は一切免除されない。


質問1はA、B共に入手できる金額の期待値は同額になるが、多くの人は確実に入手できるAを選ぶ。
質問2も質問1と同じく期待値は-100万円です。
しかし、ここでは確実性の高いAを選ばす、Bを選ぶ人の方が多いとされます。

これから分かることは

人は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスク回避を優先
損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向があるということです。


これを損失回避と呼びます。
初心者トレーダーが損小利大でなく、逆の損大利小の行動に出るのは、この損失回避を行っていると考えられます。


プロスペクト理論とは?

プロスペクト理論では主にこの損失回避と他に
参照点、感応度逓減性(かんのうどていげんせい)というのがあります。

初心者トレーダーで重要度高いものは損失回避です。


実際のトレードでどういう行動がこの損失回避になるかみていきます。

利確は早く、損切りは遅く


多くのトレーダーは利益が乗ってくるとすぐに利益を確定したくなります。
これは上記の質問1にある、利益が手に入らないというリスク回避の行動です。

次の損切りを耐えるというのは、損失そのものをどうにか回避できるかもしれないというものに掛ける行動です。


この行動原理に従ってトレードを行うと、結果的に損大利小となるのです。

例えば 

ルールA
利確 5pips 損切り10pips

ルールB
利確 10pips 損切り 5pips


この場合、Aのトレードの方がやり易いと感じるものです。
また、Aの方が勝率も基本的には上昇する方向です。

しかし、この方向で勝とうとすると勝率を上げるしか方法がありません。

相場で高勝率を維持するのは非常に難しく、一時期は勝てるけども、長続きしないんだよね~という事になります。

相場の基本は損小利大のトレードです。
これを実現にするには基礎を理解し、使えるようになる事です。

次回はプロスペクト理論の参照点、感応度逓減性です。

本年度のFXスクールの募集は終了しております。
来年2019年度の募集は近々発表致しますのでお待ちください。


ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。