fc2ブログ

OTC、NDD 取引方式 その1

Four Line
取引方法、注文方式 相対取引、NDD

今回の記事は取引方式。

取引方式には以下があります。

大きく分けると、OTC(相対取引)とNDDの2種類。

NDDの種類にENCとSTPというのがあります。

注文方式は2種類に大別される

日本の業者の多くはOTC(相対取引、店頭取引、DD方式)
※相対取引(あいたいとりひきと読みます)

OTCとは顧客の注文を業者が受ける方式です。
顧客の注文は直接インターバンクへは流れません。

相対取引とは?

顧客からの売買は基本的に業者が受けます。
それをマリーと呼ばれる顧客の注文同士で打ち消したり、受け切れない注文は金融機関に流すという事がされているのではないかといわれています。
実情は証券会社にしか分かりません。

顧客との売買で利益を上げるという事から、顧客の損失が証券会社の利益になるという図式が出来上がります。

一昔前はストップ狩り、約定拒否、約定遅延、スリッページ、スプレッド拡大等、やりたい放題の時代もありました。

現在は金融庁のチェックもある程度ですが行われており、そこまで酷くはないと思われます。
また、SNSの発達で悪い噂はあっという間に広がりますので企業も下手なことは出来ません。
しかし黒い噂が絶えないのはどのように利益を上がているのか透明性が低いからでしょう。

OTCのよい面は狭いスプレッドでしょう。
インターバンクでのスプレッドは狭く、有利であるというイメージがありますが、必ずしもそうとは言えません。
基本的には証券会社が提示しているスプレッドより広い場合が多いのです。

ここでインターバンクという用語が出てきましたので説明をします。

インターバンクとは、銀行同士の取引市場を指します。
多くの銀行が為替(他にもありますが割愛します)の取引を行います。

私達が証券会社でトレードするのと同じく、インターバンク市場で売ったり買ったりするのです。

次回はNDDについてです。


11月2日(金)21:00~ 無料webセミナーとスクール説明会を行います。

詳細は こちら をご確認ください。


次回のFXスクール開催は以下の通りです。

・11月17日~ エキスパートクラス
・11月15日~ スイング・デイトレードクラス


お申込み、詳細は こちら より

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。