fc2ブログ

逆張り・ナンピンとは? その1

Four Line
逆張りとは? ナンピンとは?

今回の記事は逆張り、ナンピンについてです。

まずは用語の説明から。

逆張り

トレンドに対して反対売買を行う方法。

ナンピン・難平

買った(売った)レートより下がった(上がった)場合に買い増し(売り増し)する方法。
へたなナンピン素寒貧という相場の格言にある通りで、しっかりとした手法として運用しないと壊滅的なダメージを被ります。

高値、安値を切り上げる、切り下げる


トレンドとは、高値、安値が切り上がっている、もしくはその逆の状態です。

初心者であったり、なかなか勝てないというトレーダーがやってしまいがちなトレードに
上記にある、逆張り、ナンピンというのがあります。


逆張りもナンピンも絶対にやってはいけない、絶対に勝てないというものではありません。
しかし、初心者でこれを上手く扱うのはまず無理と言えるでしょう。

これより、逆張り、ナンピンで初心者がやりがちなものを紹介します。

トレンドとは逆のポジションを持つ
逆張りというのは単純に上昇トレンド中に売り、下降トレンド中に買うもの。

トレンドは継続する  

トレンドの基本的な考え方は、「トレンドは継続する」です。
また、相場の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。

これは、どこが頭になるか、尻尾になるかは分からないという事から来ているのです。

よって、安易に逆張りを行うとトレンドの波に飲み込まれてしまいます。

しかし、どうしても人というのは感情というのがあります。
また、人は悪い状況に陥った場合に備えるという思考をします。

トレードであれば下図の様な動きになった場合を考えてしまう。

ポジションとは逆の方向へ行くような気がする・・・・

ありませんか?
自分が買ったら下がりそう。
自分が売ったら上がりそう。

自分とは相場は逆に動くような気がする。

こういう思考は人として普通です。

大多数の人はそういう思考をするのです。
だから勝てるトレーダーは一握りになるのです。

次回はこの続きです。

11月2日(金)21:00~ 無料webセミナーとスクール説明会を行います。

詳細は こちら をご確認ください。


次回のFXスクール開催は以下の通りです。

・11月17日~ エキスパートクラス
・11月15日~ スイング・デイトレードクラス


お申込み、詳細は こちら より

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。