fc2ブログ

OCO、IFD、IFO注文 ~ 色々な注文方法 ~

Four Line
今回の記事は注文方法の種類です。

前回、成行注文、指値、逆指値について学びました。

http://fxschoolfl.blog.fc2.com/blog-entry-522.html

本日はOCO、IFD、IFOについて説明します。


OCO(One Cancels the Other)

オーシーオー注文と呼ばれる注文方法です。

2つの指値注文を出して、どちらか一方が約定すると片方がキャンセルになる注文方法です。
現在保有中のポジションの決済注文、新規注文、両方に使用できます。

決済注文の場合は非常に分かり易いと思います。

OCO注文 損切りパターン

今、保有中のポジションの利確レートと損切りレートを入れるだけです。

次は新規注文です。

OCO注文 新規注文パターン

現在のレートより

上がったら買いたい(売りたい)
下がったら売りたい(買いたい)

場合に使用する注文パターンです。

片方が約定したら、残りの注文はキャンセルされます。


IFD(If done)

イフダン注文と呼ばれるこの注文パターンは、新規注文で使用します。


指値注文 + 指値決済注文 or 逆指値注文

指値で買い or 売り 注文を入れ、決済注文も一緒に出すパターンと損切り注文を一緒に出すパターン
この2種類があります。

ますは決済注文パターンが以下です。

IFD注文 新規注文~利確


ドル円113.000で指値買い注文
ドル円113.600で利確注文

損切りパターンがこちら

IFD注文 新規注文~損切り


ドル円113.000で指値買い注文
ドル円112.400で逆指値注文(損切り)

IFO(If Done One Cancels the Other order)
アイエフオー注文と呼ばれます。
この注文パターンはIFDとOCOを足したものと考えてください。

図を見て頂くと分かり易いと思います。

IFO注文 新規注文~利確、損切り

新規の指値注文、決済注文、損切り注文と1つのトレードで行うべき、発注から利確、損切りを一度に行う注文方法です。

ここまで色々な発注方法を学びました。

しかし、IFD、IFOには注意が必要です。

どういった注意が必要なのかは次回。

次回のFXスクール開催は以下の通りです。

・11月17日~ エキスパートクラス
・11月15日~ スイング・デイトレードクラス


お申込み、詳細は こちら より

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。