fc2ブログ

水平線の見方について その3

Four Line
水平線の見方について その3

今回はご質問者様の手法における問題点についてです。

まず、チャートの見方、考え方というのは一つではありません。
今回は我々の見方からすると、こういうのは如何でしょうかというご提案だとお考え頂ければと思います。


ご質問者様は「ブロック」でチャートを見るというものだと思います。

単純にイメージ化したものを前回と同じように示します。
ライントレード ブロック
この様にブロック間でレートが動いていくという考えです。

最初にブロック内で動くというのは、このブロック内に入るとレンジが発生するという前提でトレードが行われます。

レンジのイメージ

レンジトレードというのは、レンジ内で行うのが当然です。
よって、レンジでなくなった際、トレンドが発生している場合には上手く機能してくれません。

トレンド発生中では機能し難くなる

上図をご覧ください。
青ラインが2本引かれています。
例えばこのラインが短期レンジのラインだとします。
問題点はこのラインを長期の流れを考慮せずに延長してしまっている事です。

トレンドが発生してしまうと、このラインを使用して売ると上抜け、買うと下抜けするという事になります。
下が実際のエントリーポイントです。

トレード画像

長期がレンジ気味になっているとこのやり方でも利益が出るのですが、流れが出てしまうと損切りが多くなる傾向にあります。
長期の流れを考慮してラインの延長ルールを変更したり、トレンドフォローのルールも入れるようすると、もっと楽に利益が残るのではないかと思います。

トレードの相談やご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

次回のFXスクール開催は以下の通りです。

・9月22日~ エキスパートクラス


お申込み、詳細は こちら より

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。