fc2ブログ

ドル円チャート 2017年8月13日

Four Line
ドル円チャート 2017年8月13日

今週もドル円の動きで注意したいポイント等を考えて見ましょう。

ドル円月足チャート
ドル円月足チャート

月足では戻りが入って来るレートであり、次に上げる週足チャートではレンジ下限になる可能性を考慮すべきです。
この2つを組み合わせると、やはり反発の動きをメインに考えておいていいかと思います。
また、これはいつも通りになりますが、メインとしての考え方ともう一つ逆の考えを合わせて考えておく事です。
今回であれば、安値をどんどん更新して行く動きになります。
もし、その場合であれば月足以下の動きがどうならないといけないのかを考えてトレードする事になります。

ドル円週足チャート
ドル円週足チャート

月足チャートの箇所で書いた通りになりますが、週足レンジの可能性を考慮すべき動きが出ています。
よって、反発の動きが出る可能性が否定出来ませんので注意してください。

ドル円日足チャート
ドル円日足チャート

週足レンジの場合はここからの急反発が予測されますので注意してください。
また、週足でレンジ下限をブレイクする動きもあり得るというのは外してはいけません。
「急」な動きに今週も注意する必要があります。

ドル円4時間足チャート
ドル円4時間チャート

4時間では現時点で反発の動きが出ていますので、売るなら戻りの波を待ちましょう。
また、4時間足より上では反発の動きが予測されますので、安値切り上げも考慮してください。
急落する場合は、戻りが浅くなる動きが出易くなります。
その後に直近の安値を抜けないような動きは危険ですので早目に逃げるなりの対策を行うのが、この局面での対処法となります。

8月中盤も注意しながらトレードしてください。
基本を忘れずに、高値、安値を意識してください。

<フォアラインFXトレードスクール>
2017年度第6回エキスパートクラス 9/30日スタート
お申し込みは コチラ より

ご意見、ご感想などございましたらコメント欄にお願いします。

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。