fc2ブログ

ドル円チャート 2017年6月12日

Four Line
ドル円チャート 2017年6月12日

本日もドル円をチェックします。

日足から見て行きます。
これは前回の通りで、日足で波が止まると予測される辺りが緑枠です。

ド円 日足 2017年6月12日

以下が4時間チャートになります。
そのレート辺りで止まったのが確認出来ますが、ここで考えておかねばならないのは、4時間でこのまま上昇するという動きと、切り下げるという動きです。

日足で売りが入っている可能性がありますので、この切り下げは想定しておかねばなりません。
この場合は直近4時間や日足の水平線くらいでの戻り売りが入る可能性が考えられます。

4時間でこのまま上昇する動きは、日足で止まりはしましたが、日足レベルでの売りはまだ入ってなかってと考えられます。
よって、4時間押し目からロングはしますが、先に書いた通りで直近4時間、日足の水平線を抜けなければ一旦貰っておくというのが無難なトレードだと考えられますね。

ド円 4時間足 2017年6月12日 パターン3

更にもう一つパターンを考えておくのであれば、4時間でこのまま下げるという動きです。
そうなった場合も、4時間でどこで波が止まるのかを考えておけば対処するのはそこまで難しくはありません。

ド円 4時間足 2017年6月12日 パターン2

この様に、4時間程度までの流れを考えて想定しておけばトレードが楽になります。
また、今回は書いておりませんが、このまま上げるパターンもあります。
それは週足を見る必要があります。

ドル円 週足

週足で下ヒゲが長く出ていると思います。
よって、一旦上昇する可能性は否定しませんし、必ず上の場合、下の場合は想定しておくのがトレーダーです。

<追記>
4時間チャートに水平線を追加しました。

ドル円 4時間


2017年度第4回エキスパートクラス 7/1日スタート
お申し込みは コチラ より

ご意見、ご感想などございましたらコメント欄にお願いします。

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。