fc2ブログ

基本セットアップを使たトレード ドル円

Four Line
今回は以前に紹介しました、弊社スクールの基本セットアップを使ったトレードが今現在も機能しているのかを検証してみました。

検証通貨ペアはドル円
使用時間足は15分足

結果は下の画像をご覧ください。


ドル円 15分足 検証結果


トレード回数  35回
勝ち  22回
負け 13回
勝率 約62%
獲得pips 358pips


こんな感じで全く何の問題もありません。

画像中のグラフは獲得pipsの推移です。
実際のチャートと同じく波を付けながら上がります。
ここで注意しなくてはならないのがやはりR倍数です。
R倍数が1を割り込む所でトレードをしていると、この落ち込みが激しくなります。
そうすると月のトータルでほとんどpipsが残ってない事になったり、悪いとマイナスになります。

また、負けている方ほど勝率に拘ります。
これは当然の「結果」です。

そうなる理由は

簡単に言えば 「恐怖」 です。

これはトレードだけではありません。
車を夜にヘッドライトも点けずに運転するのは怖いですよね?

人間は先が読めないと何が起こるのか予測出来ないので恐怖を感じるのです。

トレードであれば、ロングエントリーしたがどこまで上がるのかが分からない。
5pipsや8pipsくらいなら上がるのは分かるが、その先と言われると自信が無い。
だからすぐに決済してしまう。

恐怖に負けてしまうのです。
しかし、ここで私は恐怖に打ち勝つんだ!!と我慢すると損切り・・・・
どうしたらいいんだ・・・・

そして考えます。 「この恐怖を最小限に抑える方法はどうしたらいい?」

恐怖はなるべく短期間のがいい → スキャルピングや短期トレード
恐怖の回数は0というのは無理だが、可能な限り少ない方がいい → 高勝率トレード

よし、それを探そう!! → 「ふりだしに戻る」 みたいなものです。
(※自分で明確にそう意識していなくても、同じような行動を取るのです)

この第一の無限ループに嵌っているトレーダーは非常に多く、私も最初はそうでした。

全員がこの方法では絶対に勝てないとは言いません。
勝てる方も実際におられるでしょうが、それは一握りにしか過ぎません。
多くの方がその方法で勝てるならもう既に勝てているはずですが、実際にそうなっていない事からも分かると思います。

勝率ではなく、R倍数で考える。
これはトレードでは絶対に外せません。

次回は水平線の考え方について記事にしてみます。

ご評価頂けましたらクリックお願いします^^

為替・FX ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Four Line
Admin: Four Line
FXは特に基礎、基本が最重要です。
ローソク足チャートのみでトレードはできる!
基本は最も強力なテクニカル。
基本を学んで相場で勝てるようになりましょう。